沖縄産黒糖を食べ比べ!それぞれの特徴をご紹介




こんにちは。

お菓子ときどきパンの店*nonchalant*の店主です(^^)

 

ここところ、日曜のパンの日にたまに登場する黒糖蒸しパン。

何を隠そう、店主黒糖にちょっぴりはまっております(〃艸〃)

 

きっかけは、毎月通っているパン教室で

黒糖蒸しパンを作ったことがはじまりなんですが、

それまで全く黒糖に興味のなかった私は、

そこで初めて、一般的売られているものは、

粉のものより固形のものの方が質がいいことや、

産地によって味も違うことを教えていただきました。

(質のいいものを粉末にしている商品も中にはありますけどね)

 

自身でも少し調べてみたところ、

黒砂糖は主に、鹿児島と沖縄の離島で作られており、

中でも沖縄は、黒砂糖の素となる

サトウキビ栽培している島が8つあって、

サトウキビの品種や栽培方法、土壌、気象条件の違いによって

これまた、島によって味も食感も香りも違うとのこと。

 

そんなにそんなに違うの???

疑い深い店主は、実際に体験すべく、

沖縄から黒糖を取り寄せてみました☆

 

とりあえず今回は、

西表島、伊平屋島、与那国島、小浜島、粟国島

それぞれで製造されている黒糖5種。

届いて早々にすべてを開封したところ、

すべてが本当に色も形も違うことに驚きました。

食べ比べをしてみたので、

それぞれの特徴と私なりの感想をご紹介させていただきますね(^^)




クリックすると、好きな項目へとぶことができます☆

伊平屋島産

*~ 外見 ~*

硬くて大きな粒でごろっとした感じです。

ほのかに磯っぽい香りがしました。

土壌にも海のミネラル成分が多く含まれているそうなので、

その影響かな?

*~ 食感 ~*

他のものに比べて歯ごたえがあります。

*~ 味 ~*

甘いけどビターさもあり、後から塩味を感じ、

余韻が残る感じです。

栄養成分表示部分に「食塩相当量」が

記載されていることも納得です。

粟国島産

*~ 外見 ~*

サイコロのようにキューブ型をしています。

*~ 食感 ~*

口の中に入れるとホロっと崩れ、

下の上ですーっと溶けていく感じです。

*~ 味 ~*

えぐみや苦みが少なく、程よい甘みと塩味で、

あっさり癖が少ないので食べやすかったです。

西表島産

*~ 外見 ~*

他のものに比べて平らで四角い感じです。

*~ 食感 ~*

柔らかくしっとりしていてくちどけが良いです。

*~ 味 ~*

深いコクと甘みが強めで、

まるで黒蜜をなめているような濃厚さを感じました。

塩味や苦みが少ないので、

さっぱりと食べやすかったです。

後味がちょっと煎茶のような風味が残った気がします。

小浜島産

*~ 外見 ~*

厚みがありごろっとした感じです。

*~ 食感 ~*

しっとりしていますがサクサク柔らかめの食感です。

*~ 味 ~*

コクがあるけど、癖が少なく、甘すぎず苦すぎず、

ちょうどいい甘さでした。

昔ながらの黒糖という感じで、

とっても食べやすかったです。

与那国島産

*~ 外見 ~*

平らでキャラメルのような形です。

*~ 食感 ~*

やや硬めですが、ほろっと砕ける感じです。

*~ 味 ~*

こちらも山と海のミネラルをたくさん含んでるそうで、

塩気が強めでした。

口の中に溶けていった後も、

塩気の余韻が残る感じでした。

 

まとめ

以上、今回お取り寄せした黒糖のご紹介でした(^^)

今回、5種類ではありますが、

食べ比べをしてみて、

味・香りなどが島ごとに違うことに驚きました。

それぞれの個性があってとても面白かったです。

 

ご興味がありましたら、

是非一度皆さんも、利き黒糖してみてください。

自分好みの黒糖が見つかると思います(^^)

 

nonchalantでは、

この5種類の黒糖を日替わりで使って

蒸しパンを作っています♪

 

もし、黒糖蒸しパンが販売されている日に

お越しくださる機会がありましたら、

「今日はどこの黒糖を使ってるの?」と

お気軽に尋ねてみてください。

店主、ご機嫌でお答えいたします( ´艸`)

 

また、黒糖のパウンドケーキのていうアウト販売、

きなこの甘酒パフェとパウンドケーキのセットも

カフェにてご提供中ですので、

黒糖がお好きな方は一度お試しください☆